虫歯治療( 3mix法) 口臭などの歯科治療についてその原因、治療法、予防法などを解説     虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネットTOP
子供、大人、前歯、奥歯の虫歯治療と3mix法 予防法と原因 口臭などについて解説
最近の歯科治療(3mix法など)について予防歯科の観点から説明してます。虫歯発生のメカニズム、治療法について理解を深めると共に、家庭において自分自身で実践すべき予防法,歯医者で行う治療についてのお役立ち情報を提供しています。また、口臭の発生メカニズム、治療法、家庭での口臭予防対策について、自臭症と他臭症に分け解説しています。歯の痛みの原因とその対処法(自分で出来る応急処置)についても説明しています。
ホーム 3mix法 虫歯の自己診断 歯の構造 口臭 お役立ち情報 親知らず 虫歯の進行 虫歯の出来方 虫歯の治療 虫歯予防
HOME
歯の痛みお役立ち情報
冷たいものに凍みる
熱いものに凍みる
治療したのに歯が凍みて痛む?
咬むと痛い
歯に少し触れただけでも痛む
歯の痛みお役立ち情報
治療したのに歯が凍みるどうして?
歯が痛い時は、何のしなくてもズキズキ痛んだり、食事中に冷たい物に凍みたり、熱い物でズキズ
キしたり、物を噛むと痛かったりと様ざまです。それぞれの痛みのタイプにより原因・対処法も異なります。

冷たいもの熱いものに歯が凍みる(あまり強くは凍みない)時
    虫歯が深く神経近くまでいっていた歯を治療したときに起こる場合があります。 
  虫歯を削って取ることによる神経への刺激がまだ残っています。
  とにかく良く歯磨 きをして様子を見ます。
  2週間以上状態が緩和しなけ れば、神経を取る処置が必要 になることもあります。
冷たいもの熱いものに強く歯が凍みてそれが治るのに時間がかかると時
   虫歯を削って取ることによる神経への刺激ばかりではなく、細菌がもうすでに神経まで入り
  込んでしまっているため、神経にわずかではあるが炎症が起こっている場合には、かなり強い
  凍み方をします。
  この時は神経を取る処置が必要です。
詰め物のやり方が不完全の場合
    歯と詰め物との間に隙間があるような治療のときは凍みることがあります。
  この時は再治療が必要です。(ただし、1.のケースと判別できないケースもあるため、
  はっきりとした詰め残しが確認できない場合には、様子見ということになります。)

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネット』 All Rights Reserved.