虫歯治療( 3mix法) 口臭などの歯科治療についてその原因、治療法、予防法などを解説     虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネットTOP
子供、大人、前歯、奥歯の虫歯治療と3mix法 予防法と原因 口臭などについて解説
最近の歯科治療(3mix法など)について予防歯科の観点から説明してます。虫歯発生のメカニズム、治療法について理解を深めると共に、家庭において自分自身で実践すべき予防法,歯医者で行う治療についてのお役立ち情報を提供しています。また、口臭の発生メカニズム、治療法、家庭での口臭予防対策について、自臭症と他臭症に分け解説しています。歯の痛みの原因とその対処法(自分で出来る応急処置)についても説明しています。
ホーム 3mix法 虫歯の自己診断 歯の構造 口臭 お役立ち情報 親知らず 虫歯の進行 虫歯の出来方 虫歯の治療 虫歯予防
HOME
虫歯の進行
CO:虫歯の卵
C1:エナメル質の虫歯
C2:象牙質までの虫歯
C3:歯髄までの虫歯
C4:残根(末期的状態 抜歯対象)
s
虫歯の進行
C3:歯髄までの虫歯 (痛みが出る)

            第一乳臼歯の虫歯C3

熱いものに凍み出してそのまま放置していると、虫歯が神経まで到達して、歯の神経(歯髄)に炎症が起きてズキズキ激痛が始まります。細菌に感染した歯の神経を取り、根の中の治療を完了します。その後、土台を作り、金属やセラミックなどでかぶせる治療を行うため、完治するまで来院回数や治療時間がかかります。特に奥歯(大臼歯)の神経の走行は複雑なため、完璧に根の治療を行うのは困難です。最低でもこの前段階のうちに歯医者に行きましょう

C4:残根(末期的状態)
根管治療
根の先端部に膿の袋を形成 ファイルによる根管治療
歯の部分が虫歯により崩壊し、歯根だけが残った状態です。根だけになっても根の中の治療をして歯を作ることは出来ますが、根の中の深くまで虫歯が進んでしまった場合には抜歯をしなければなりません。
また、左図のように根の先に膿みの袋ができる場合があります。
もしこの状態を放置すれば根の中の崩壊は進み、次第に
ぼろぼろになって来ます。と同時に歯茎が張れたり強い痛みが発生します。
そうなると、歯を助けることは出来ずに抜歯ということになります。
しかし、この段階においても、しっかりとした根(神経)の治療が可能で、根の治療がきちっとできれば左図のような状態の歯であっても歯を作っていくことも可能です。

Copyright (C) 2006 musiba.net 『虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネット』 All Rights Reserved.
ホワイトニング審美歯科矯正歯科インプラント小児歯科予防歯科歯周病口臭金属アレルギー入れ歯歯科医院経営ホームページ作成セミナー