虫歯治療( 3mix法) 口臭などの歯科治療についてその原因、治療法、予防法などを解説     虫歯 3mix法 口臭 歯科情報ネットTOP
子供、大人、前歯、奥歯の虫歯治療と3mix法 予防法と原因 口臭などについて解説
最近の歯科治療(3mix法など)について予防歯科の観点から説明してます。虫歯発生のメカニズム、治療法について理解を深めると共に、家庭において自分自身で実践すべき予防法,歯医者で行う治療についてのお役立ち情報を提供しています。また、口臭の発生メカニズム、治療法、家庭での口臭予防対策について、自臭症と他臭症に分け解説しています。歯の痛みの原因とその対処法(自分で出来る応急処置)についても説明しています。
ホーム 3mix法 虫歯の自己診断 歯の構造 口臭 お役立ち情報 親知らず 虫歯の進行 虫歯の出来方 虫歯の治療 虫歯予防
HOME
虫歯の進行
CO:虫歯の卵
C1:エナメル質の虫歯
C2:象牙質までの虫歯
C3:歯髄までの虫歯
C4:残根(末期的状態 抜歯対象)
 
虫歯の進行
CO:虫歯の卵 再石灰化すると虫歯が治る

全体が白く変色したCOの状態

一旦虫歯になると、絶対に治せないと思われがちですが、COの段階の場合には自然治癒することが可能です。
左の写真のように虫歯の部分は不透明で白っぽく変化してきます。あるいは褐色に変色色していることもあります。  
この段階はでは削って詰め物はしません。しっかりと歯磨きを行い、キシリトール、フッ素、リカルデント
等を使うことで虫歯は自然と治ります。(再石灰化といいます。)

C1:エナメル質虫歯

歯頚部に出来たC1
エナメル質の虫歯
虫歯は、エナメル質(歯の表面)から発生します。奥歯のかみ合わせの溝の部分、歯と歯の間、歯の付け根の部分から起こりやすく、この時点では自覚症状は感じられません。
ここまで虫歯が大きくなると歯科医院での治療が必要です。

ミニマムインターベーションの考え方では、左スライドの進行度合いでは、治療は行わず、再石灰化を図る方が良いと判断されるかもしれません。
再石灰化を図るには、フッ素・リカルデントの使用が必須です。また、自宅での適切なブラッシングを身につけることも重要です。意外と磨き残しがあるものです。
染め出し液を使ってブラッシングのチェックをすることと、電動音波歯ブラシの使用はプラークコントロールを確実なものにしていく手助けになります
C2:象牙質までの虫歯
   
左:下顎5番に出来たC2 右:同部位レントゲン
歯の破壊がエナメル質を過ぎて象牙質まで進んだ状態で、歯髄近くまで到達すると、まず冷たいものに凍みるようになり、それを放置すると熱いものが凍みるようになります。
冷たいものに凍みる段階だと簡単に詰める治療で終われます。
熱いものに凍み出してからは神経の中に細菌が進入していることがあり、神経の治療から必要になりますので、長期間の治療が必要です。
自覚症状が出たら直ぐに歯医者に行くことが必要です。




スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネット』 All Rights Reserved.