3mix法と通常の虫歯治療 口臭などの歯科治療についてその原因、治療法、予防法など   虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネットTOP
子供、大人、前歯、奥歯の虫歯治療と3mix法 予防法と原因 口臭などについて解説
最近の歯科治療(3mix法など)について予防歯科の観点から説明してます。虫歯発生のメカニズム、治療法について理解を深めると共に、家庭において自分自身で実践すべき予防法,歯医者で行う治療についてのお役立ち情報を提供しています。また、口臭の発生メカニズム、治療法、家庭での口臭予防対策について、自臭症と他臭症に分け解説しています。歯の痛みの原因とその対処法(自分で出来る応急処置)についても説明しています。
ホーム 3mix法 虫歯の自己診断 歯の構造 口臭 お役立ち情報 親知らず 虫歯の進行 虫歯の出来方 虫歯の治療 虫歯予防
HOME
3mix法
3mix法とは
通常の虫歯治療
治療後の経過観察と処置
 
3mix療法
通常の虫歯治療法

麻酔なしで虫歯を削ると痛い


通常の治療法だと麻酔をして、感染している象牙質を完全に削り取ります。
もし麻酔なしで行うとすると、削る痛みは尋常ではありません。
歯を削るということは歯髄から象牙細管(象牙質の中に走っている管。
歯髄からエナメル質まで走行しています。)の中に伸びだしている神経の繊維を切断しているわけですから、痛むわけですし、そのため治療後も痛みが残ることがあります。
更に象牙質の深部にまで到達した虫歯菌は残ってしまう場合もあります。
しっかり虫歯を削り取ろうとすると歯髄の所まで削ってしまい、露髄(歯髄に穴が開く)してしまいます。
ここまで行くと歯髄を残せる可能性はフィフティー・フィフティーくらいになります。
一部分歯髄が露出した事を天上露髄といいます。スーパーボンドというものでそれをカバーして歯髄の保存を図ります。

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネット』 All Rights Reserved.