虫歯治療( 3mix法) 口臭などの歯科治療についてその原因、治療法、予防法などを解説   虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネットTOP
子供、大人、前歯、奥歯の虫歯治療と3mix法 予防法と原因 口臭などについて解説
最近の歯科治療(3mix法など)について予防歯科の観点から説明してます。虫歯発生のメカニズム、治療法について理解を深めると共に、家庭において自分自身で実践すべき予防法,歯医者で行う治療についてのお役立ち情報を提供しています。また、口臭の発生メカニズム、治療法、家庭での口臭予防対策について、自臭症と他臭症に分け解説しています。歯の痛みの原因とその対処法(自分で出来る応急処置)についても説明しています。
ホーム 3mix法 虫歯の自己診断 歯の構造 口臭 お役立ち情報 親知らず 虫歯の進行 虫歯の出来方 虫歯の治療 虫歯予防
HOME
親知らずの話
親知らずの炎症「智歯周囲炎」
親知らずの抜歯
 
親知らずの話
親知らずの抜歯。
水平に顎に埋まっている親知らずを”水平埋伏智歯”といいます。この歯の抜歯手順は、歯茎を切開して「親知らず」の一部と覆っている骨を露出させます。骨を削らなければならない時もあります。歯の頭の部分を切断して取り出し 続いて根を取り出します。骨を削らなければ抜けない時は術後、かなり腫れてしまうことがあります。
”水平埋伏智歯”でも埋まり方が水平に近くなるほど、根の数が多くなるほど、覆っている骨をたくさん削らなければならないほど、抜歯が難しくなります。と同時に術後の痛み、腫れも強く出ることになります。

上の「親知らず」の抜歯
  上の親知らずは抜歯の中で最も簡単です。数分で抜けてしまいます。また、後からの腫れや痛みもほとんど
   起こりません。


下の「親知らず」の抜歯
  下の「親知らず」は斜めから水平に歯茎の中に埋まっている為、抜歯は困難を極めることがあります。
 難症例の条件
1.倒れ方が水平に近い
     2.歯根が2根で開いている
3.歯垢骨が歯冠部をかなり覆っていて骨の削除が必要
     4.開口量(口をどれだけ大きく開けることが出来るか)が少ない
下の親知らずは水平に骨に埋まってしまうことが良くあります。
白線の位置で歯冠部と歯根部を切断します。まず歯冠部の抜歯
を行います。
歯冠部の抜歯が終わったらそのスペースを使って歯根部の抜歯を行います。

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『虫歯治療 3mix法 口臭 歯科情報ネット』 All Rights Reserved.